子どもたちが、公園や神社などで、鳩を見かけて追いかけている姿は、なんて平和なんだろうと思ってしまうのですが、この鳩たちは基本的にはとんでもない事を、人間社会にしてしまうのです。

それも各家庭に悲劇を起こしてしまう結果もあるかもしれません。

鳩が引き起こす糞や卵は人間とって害悪?

平和の象徴なんて言われ方をする鳩ですが、実に人間社会にとっては害悪をもたらす害鳥と言う事を知っていますか?

一番の問題は糞害です。

生き物ですから、糞をするのは仕方がないのですが、ところかまわず糞をしてしまいます。

特にマンションのベランダや立体駐車場の天井のダクト部分の下あたりには鳩の糞がたくさん落ちています。

これは臭いだけではなく、乾燥して風で舞い上がり、人間の身体の中に入ってしまった場合にはとても有害と言う事がわかっています

特に小さいお子さんがいる場合には、呼吸器系の疾患を患ったり、アレルギー体質になったりする可能性も高いのです。

また、このように糞がたくさんある所には、確実に鳩の巣があると思っていた方がいいでしょう。

鳩は繁殖力が非常に高い鳥類ですから、卵からかえってから半年以上も立つと繁殖が可能になるのです

雨がしのげる場所でかつ糞がたくさんある場合には、確実に鳩の巣があるといっていいでしょう。

また、鳩が巣立った後も、そこは安全と認識しているので、また同じ所に巣を作るようになります。

鳩の卵や糞を処理するにはどうすればいいのでしょうか?

鳩はなぜだか、鳥獣保護規制法の対象になっている鳥なので、自分勝手に鳩に対して手を下したり、卵を破壊する行為をした場合には、処罰される対象になってしまいます

でも、自宅のベランダに多量の糞や巣が作られてしまった場合にはどうする事も出来なくなってしまいます。

鳩がこれない状況を作りだす事しか出来ないのが現状と言った所でしょう。

鳩の糞や巣を綺麗に取り除いても、鳩の中でもドバトは執着心が非常に強いので、綺麗にしたベランダにまた舞い戻ってきます。

これでは、イタチゴッコになっていまします。

糞は先ほども紹介しましたが、人体にかなり有害ですから、発見した段階で、マスクをして除去するしかありません。

その時にはアルコール消毒をする方がいいでしょう。

卵を発見した場合には手を出す事ができません。

仮にベランダからポイした場合に誰かに見られて通報されたそれだけで、「鳥獣保護法違反」になってしまいます。

鳩本体や卵や糞で困っている場合には

1.住んでいる町の行政機関(市区町村)に相談する

2.駆除業者に連絡をする

この2つしか解決方法が現段階ではありません。

害鳥指定されているわりには鳥獣保護法の対象になっているのですから、その辺りは行政側がしっかりとしてもらいたいところです。

スポンサードリンク

まとめ

鳩の卵や糞の処理について紹介してきました。

基本的にはベランダに入らせない対策をするしかないのですが、なかなかうまくいかない物です。

鳩の数を減らすには、地道に卵を処理していく方法が一番なのでしょうが、鳥獣保護法が邪魔をして対策をうてる状況ではないのです。

完璧にお手上げになる前に、行政に相談して手をうってもらうしか有りません。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事