鳩の子供を見たことがないということについて、鳩の子供につながる生態や生活について説明していきたいと思います。

鳩の子供はどこで生活している?

鳩の子供を見たことがないという人は、たくさんいると思います。実際、私も見たことがありません。鳩といえば、たくさん町中にいて、1羽1羽の大きさが大体同じで色もそれほど変わりない・・・というイメージが強くあるかと思います。子供の鳩はどこで生活しているのか何をしているのか謎に包まれています。

鳩の子供を見ない理由とは?

その理由としては、鳩の子育ての仕方と習性が大きなポイントとなってきます。

鳩は一般的な他の鳥たちとは異なる生態を持ち備えています。産卵を終えたメスが最初の1週間卵を守り続け、その後オスとメスが交代に子育てをしていきます。雛鳥を育てるために必要な栄養を親鳥が分泌していき二羽の孵化した子供たちを育てていきます。

そのため、鳩が巣立ちをする頃には、親と同じくらいの大きさになっていて、普通に生活をすることができるようになってからになります。

鳩の雛の時期は本当に一瞬で、時には育てている親よりも大きく成長する雛鳩も多く見られるそうです。

鳩の雛を一目見たければ、産卵を目撃することしか方法がありません。

スポンサードリンク

まとめ

調べた結果、鳩の子供を見たことがないことについてわかりました。

鳩は色々工夫をして、自分たちが生んだ卵を守り続け、普通に生活できる大きさまで、自分たちの手で育てていきます。簡単なように見えて、巣立ちまでにかかる約1ヶ月半、親鳥たちは毎日交代で孵化した雛たちの手助けをしているということを知りました。

子育ては、人間だけではなく、鳩でさえ必死に1ヶ月以上もかけて責任を持って育てていき、巣立ちする頃には一人でも飛べるまでの大きさになっていきます。その間、カラスからの外敵などから命をかけて守り続ける親鳥たちがいるから、私たち人間も鳩の雛を見たことがない人が多いのだろうと思います。

子育ては、人間だけにとどまらず、どの動物も大変なことを知りました。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事