鳩は地面の上だけでなくいろいろな所に降り立ちます。

木の枝であったり、電線であったりと、その辺りに止まり木としている分には問題にはなりません。

ただマンションのベランダの柵の手すりや、公園の手すり等に止まってしまうと問題を起こしやすくなるのです。

鳩 足 長い

鳩が手すりに止る理由は何かあるのか?

鳩の手すりに止まる理由は、それには鳩の1日の行動がルーティーンされているからです。

羽を休める場所

全体を見渡せる高い場所

エサを取る為に準備をする場所

巣を作る為の準備の場所

など、同じパターンで同じ場所に止る習性があります。

その目印の為に必ずするのがです。

また鳩は鳥の中でも執着心が非常に強いので、一度決めた場所には必ず飛来する習性があります

ただ止まって何もしなければ問題が無いのですが、マーキング的な要素を含んで、糞を確実にしていきます。

マンションのベランダの手すりに鳩が止まっていると言う事になると、そこは確実にその鳩のルーティーンに認定されてしまった事になります。

また鳩はつがいでの行動になりますので、1羽が止まれば確実にもう1羽が飛来する事になります。

そうなると糞の量は2倍になっていきます。

それが毎日続くとなると糞害と言う事になっていきます。

鳩の糞による影響

1.悪臭を放つ

2.糞の汚れなどで住まいの美観が失われる

3.ダニやゴキブリの発生原因になってしまう

4.アレルギー物質・病原菌・寄生虫を媒介する

5.糞に含まれる酸性物質が金属をサビさせてしまう

6.クリプトコックス症・サルモネラ菌・ニューカッスル病・トキソプラズマ症等のウィルスを媒介する可能性が高い

鳩が手すりに止まらないようにする対策はあるのか?

鳩は一度決めた事に対しての執着心は半端ないほど高いです。

自宅のベランダの手すりに鳩が止まったと思ったらすばやく行動する必要があります。

鳩はその手すりが安全であると確認を取るために毎日飛来してきます。

そのとき当然糞もしていきます。

それを、放置すると糞害の拡大を招く事になります。

また糞をそのままにしておく事で、人が立ち入らない安全な場所と言う認識をもちベランダ内に侵入してきます。

そうなると巣作りや寝床になってしまう可能性が高くなります。

そうなると追い出す事が非常に困難になってしまいます。そうなる前に、対策を講じる必要性が出てくるのです。

鳩に対してこの手すりは居心地が悪事を認識させる事になります。

ベランダの手すりであれば手すりから7~8cmの高さでテグスを張ります

また防鳥ワイヤーを設置したり、忌避剤などを塗布する等も対策としては良いでしょう

これだけではダメなのです。

糞を見かけた段階で必ず処理をする事が大事です

糞を溜めない事と手すり対策をする事で、鳩の居心地が悪い空間を作り出す事が重要になるのです。

鳩は執着心が高いので、かなりの長期戦になることになりますが、自分の健康被害を考えたら行わなければなりません。

スポンサードリンク

まとめ

鳩がなぜ手すりに止まるのか?鳩が手すりに止まらない為にはどうすれば?について紹介してきました。

鳩の場合は鳥獣保護法によって保護されてしまっているので、自分で自ら駆除する事が出来ません。

ですから、せめて鳩を近づけさせない対策を講じる必要があるのです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事